危険な自己処理トラブル

危険な自己処理トラブル

脱毛とひとくちにいっても、自分で家で簡単に行う方法から専門の脱毛サロンやエステ、美容クリニックなどに通って行う本格的な方法まで様々あります。
女性の場合、思春期のあたりからムダ毛処理とは長いお付き合いだと思います。

 

ここではポピュラーな自己処理と、そこに潜む危険性について学んでいきましょう。

自己処理
誰もが通る道…お金も時間も抑えられて、自宅で気軽に行える自己処理。
だけど、気がつくとまた生えてる…簡単にできますが、実際は肌へのトラブルが非常に多いのが難点です。
メリットとデメリットを理解した上で、上手に処理を行いましょう。

 

【カミソリ】
カミソリを使った場合は、脱毛というよりは除毛になります。一番スタンダードな方法ですね。今はソープ付きなどが多く発売されています。水にぬらすだけで肌にやさしい泡立ちでなめらかな剃り心地が人気です。

 

しかし、カミソリは毛だけを剃っているように見えて、実は皮膚の角質も剥ぎ取っています。すると、肌は炎症やかゆみを起こしたり・・・時には失敗して流血も。肌への負担が大きく、また深剃りしようとして逆さぞりすると毛穴を広げてしまいます。色素沈着や黒ずみなどの肌トラブルの原因となります。

 

しかも、見えている表面の毛だけをカットしているのでこまめに処理が必要で、続けていくと毛が太く濃くなってしまうことも…
くれぐれも衛生面に気をつけ、保湿をしっかりしましょう。

 

【除毛剤】
ムースなどが多く販売されていますよね。皮膚の上に伸びている毛を、薬品で科学的に分解するので、全身ほとんどの部分ができるのが魅力です。しかし、結果的には剃っているのと変わらないので、すぐに毛は伸びてきます。ひんぱんに除毛する必要がるのでコストがかかります。

 

【毛抜き】
毛抜きの場合は、1本1本抜くので痛みもあって、さらに目も疲れますし時間もかかります。根元からキレイに抜けると、次に生えてくるまでの期間(毛周期)は長くなりますね。
しかし、毛を抜くことで皮膚にはものすごい負担がかかります。毛穴自体を広げてしまい、毛穴の黒ずみやバイキンが入って炎症をおこしニキビのようになったり、時には一つの毛穴から2.3本生えてくるなんてことも…

 

【脱毛テープ・ワックス】
広い範囲を一気に脱毛できるのがメリットですね。根元から抜けるとしばらくは生えてきません。しかし、皮膚への負担が大きいため「かゆみ」がおきたり、皮膚が弱い人は炎症をおこしてしまう可能性があります。
なかでも「トリ肌」と「埋没毛」などのトラブルが多く見られます。

 

【家庭用脱毛器】
自宅で定期的に簡単に脱毛ができる優れモノですね。最近の脱毛器は性能もよく光脱毛のような効果が得られます。脱毛サロンやクリニックに通うことを考えれば時間と費用の面ではかなりお得かもしれません。デメリットは自分で行う手間がかかることと、出力が弱いので効果が出にくい場合もあります。使い方を間違うと火傷になることも…