脱毛サロン・エステと医療レーザー脱毛の違い.com【気になる効果と料金!評判は?】

レーザー脱毛の前後にやっておきたいこと

レーザー脱毛の前にやっておきたいこと

クリニックで脱毛処理を行う場合は、シェーバーなどで脱毛部位の毛の処理を行っておきましょう。
だいたい前日か当日くらいに処理しましょう。

 

毛の処理の仕方は、毛抜きやワックス、クリームを用いてはいけません。
シェーバーが適しているでしょう。自分では処理できない部分がある場合は、クリニックで補助的に行ってくれることがありますが、時間短縮のため、また事前シェービングは有料になる場合もあるので、クリニックに事前に確認することが必要です。

 

また、いまは医療レーザー機器も進化して、乾燥肌、多少の日焼け肌でも施術できるようにはなっていますが、トラブル防止のため、なるべく日焼け、乾燥肌にならないように、日頃から手入れを欠かさないようにしましょう。

 

治療部位があまり日に当たらないようにすることも大切です。
施術後はとても肌がデリケートになっていますので、夏でも薄い長袖やパンツを着用するなど、直射日光に当らないように、また当日の入浴は避けたほうがいいでしょう。

 

施術時には、皮膚表面がレーザーの熱で赤くなっています。しばらくの間患部を冷やしますが、クリニックを離れたあと、その患部に直射日光が当ると、シミになってしまう場合もありますので、夏など紫外線の強い時期は十分気をつけてください。

 

もし過度の痛みや腫れが引かないなどトラブルがあったときには、すぐにクリニックに連絡して、対処法を聞きましょう。
それでも症状がおさまらない場合には、クリニックで治療を受けましょう。美容皮膚科、美容外科ではアフターケアもしっかりしています。

 

レーザー脱毛の後にやっておきたいこと

施術後、レーザーの熱で引き起こされた真皮層内の軽い炎症は、脱毛効果だけではなく、繊維芽細胞が刺激され、コラーゲン産生が活性化されます。
そのせいで、治療部分の肌がキメこまやかになり、そして美白効果も得られるので、施術後の腫れが引いて数日したら、脱毛や美肌効果に満足することでしょう。

 

小さな注意を守っていれば、医療レーザー治療によってトラブルになることもないでしょうし、万が一トラブルになってもサポート体勢がしっかりしている医療クリニックでの施術ですので安心です。